牡蠣の本場広島より。広島牡蠣、瀬戸内海の鮮魚、音戸ちりめんを産地直送。

安芸津エリア

濃厚でうまい! 安芸津・三津湾の牡蠣
(牡蠣せんべい販売店情報はこちら)

マルイチ商店

ごあいさつ

広島牡蠣産直サイト「瀬戸の幸.com・マルイチ商店」にお越しいただきありがとうございます。現在は、せんべい1枚に牡蠣をまるごとひと粒乗せて焼き上げた、人気の「牡蠣まるごとせんべい」、音戸ちりめん、瀬戸内の旬の鮮魚などを産地直送で販売しています。ご自宅用、ご贈答用などに、ぜひ広島牡蠣お取り寄せサイト「瀬戸の幸.com・マルイチ商店」をご利用ください。

牡蠣購入前のアドバイス

牡蠣を注文する前にチェック! 広島牡蠣のことや牡蠣購入のポイントをわかりやすくご案内。

広島牡蠣祭りカレンダー

毎年1月~3月の間、広島県内の牡蠣生産地で、焼き牡蠣の試食や牡蠣の直売を行っています。

気まぐれ連載コラム!

牡蠣のちょっといい話!?
第7回 「広島 vs 宮城」

牡蠣と聞いて、まず思い浮かべるのは広島ですよね。そして、宮城。広島と宮城、ちょっと不穏な空気。広島と言えば、日本三景安芸の宮島。宮城と言えば、日本三景松島・・・
[続きを読む]

  • 第6回 「牡蠣の殻の行方」
  • 第5回 「牡蠣四方山話」
  • 第4回 「広島牡蠣は、海のミルク」
  • 第3回 「牡蠣?牡蛎?カキ?」
  • 第2回 「牡蠣は大水飲み」
  • 第1回 「何年前?」

生食用と加熱調理用について

牡蠣の生食用と加熱調理用は、採れた海域の違いによるものです。鮮度の差ではありません。

広島の匠

アントチーズ

梅坪

広島牡蠣がおいしい理由

島々に囲まれた、おだやかな環境。

広島の海は、 たくさんの島に囲まれているため、波はとてもおだやかです。そのため、養殖筏も壊れにくく、安全な養殖環境が保たれています。

 

河川と瀬戸内海のいい関係。

広島を代表する太田川をはじめ、河川から瀬戸内海に流れ込む豊かな栄養分によって、牡蠣のえさとなるプランクトンがよく育ちます。川と海の良好 な関係のおかげで、品質の高いおいしい牡蠣ができるのです。

 

牡蠣がよろこぶ、ほどよい塩分濃度。

河川から流れ 込む水や、梅雨時期の多量の雨の影響で、海水中は塩分濃度による層ができます。海水面に近い上のほうは淡水に近い軽い海水になり、下のほうは塩分濃度の濃 い重い海水になります。このため、牡蠣のえさや栄養塩、酸素などが上下で混じり合うことなく、水平的な拡散・移動が中心になります。これは、少し薄い海水 を好む牡蠣にとってよい条件です。

 

牡蠣が過ごしやすい、瀬戸内海の水温変化。

水温に影響される牡蠣の生理。たとえば、夏は水温の上昇で産卵の刺激を与え、秋は水温の低下で牡蠣の身入りが進むように、水温の適切な変化が牡 蠣の養殖にとって大切な条件なのです。その点、瀬戸内海の1年間の水温の変化は牡蠣の養殖にぴったり。海の中はとても過ごしやすい環境です。